【解説】au 3G携帯のSIMロック解除(ICカードロッククリア)の方法

au 3G携帯のSIMロック解除(ICカードロッククリア)の方法

auの3G携帯(ガラケー、フィーチャーフォン)の「レベル2 SIMロック」やその解除方法「ICカードロッククリア」などで不安の方が多いようですので、私の体験談をもとにまとめてみました。それでは解説していきたいと思います。

Advertisement
Advertisement

 

auの3G携帯は「レベル2 SIMロック」に注意

3G携帯(ガラケー、フィーチャーフォン)では「レベル2 SIMロック」をはじめとしたキャリア側でのロックがかけられている場合がほとんどです。

これは携帯電話に最初に差したSIMカード(正式にはICカードと呼びます)を記録してしまうため、その最初に差したSIMカード以外は一切受け付けないということです。

盗難や不正利用を防止するためにこのロックが生まれた背景がありまして、他のSIMを挿して悪用されないように携帯端末側に制限がかけられています。

 

特に3G携帯を販売する時には注意が必要

3G携帯(ガラケー、フィーチャーフォン)を販売するときには、この「レベル2 SIMロック」に注意をしなければなりません。

購入者側は携帯電話を購入したらすぐに自分のSIMカードを差して利用したいと思っています。

しかし、そこに立ちはだかるのが「レベル2 SIMロック」です。

販売側が一度でもSIMカードを差した携帯電話端末を販売してしまった場合、購入者はこの「レベル2 SIMロック」によってすぐには使えません。

「買っても使えないじゃないか!」

とトラブルのもととなります。

 

1番親切なのはロック解除済みの携帯端末を販売すること

親切な出品者は「ロック解除」をしてから出品していたりします。

ただし、ロックの解除は手間もお金もかかりますので、その分利益が減ってしまいます。

オークションでよく見るシチュエーションとして、出品者側がこの「ロック解除が必要です!」と案内だけして販売しているケースが多いです。

落札者側はそれを認識のうえで購入し、手元に届き次第「ロック解除」をするという流れになります。

このロック解除の案内については、注意事項にさらっと書いてあげるだけでもまだ不十分かと思います。

きちんと認識させたうえで落札してもらわないとクレームを受けたり、「非常に悪い出品者」の評価を受けたりします。

 

「レベル2 SIMロック」のロック解除の方法

「レベル2 SIMロック」の解除手続の正式名称は「ICカードロッククリア」といいます。

「レベル2 SIMロック」を解除するにはWEBや電話ではできません。

auショップに3G携帯(ガラケー、フィーチャーフォン)を持ち込んで、「ICカードロッククリア」の手続をしてもらわなければなりません。

ちなみに携帯電話端末自体にロックがかかっていますので、SIMだけ持ち込んでもダメです。

ロック解除自体は数分で終わることが多いのですが、この際にしっかりと手数料を取られます。

 

「ICカードロッククリア」にかかる費用・手数料

auショップでは直接携帯電話端末を操作して、「ICカードロッククリア」を行います。

ですので、しっかりと手数料を取られます。

手数料はこちらです。

「ICカードロッククリア」の事務手数料2,000円+消費税

翌月のご請求に合算

2014年1月21日時点の情報

支払については翌月の請求に合算されますので、現金を持っていく必要はありません。

その他に必要なものとしては「本人確認書類」があります。

免許証等をお持ちの方は忘れずに持って行って下さい。

 

【まとめ】au 3G携帯のSIMロック解除(ICカードロッククリア)の方法

auの3G携帯(ガラケー、フィーチャーフォン)には「レベル2 SIMロック」といった利用制限の仕組みがある。

一度もSIMカードを差していない携帯電話端末であれば全く問題ない。

一度でも他のSIMカードを差してしまうとそれが記録され、他のSIMカードを受け付けなくなる。

このロックの解除にはauショップに携帯電話端末を持ち込んで「ICカードロッククリア」をしてもらう必要あり。

手続自体は5分程度で完了するが、費用が2,000円以上もかかってしまう。

料金は翌月の請求に合算して請求される。

auユーザー限定ですが『家族全員が毎月934円も割引』となるスマバリュ!
実は格安のUQ WiMAXでも発動できちゃうんですよね。
50歳以上の家族なら同居してなくても発動できるらしいです(笑)


auの格安SIMならこちら

携帯・スマホの解約