【解説】7GB制限なし+テザリングは実際に存在するのか

≪解説≫7GB制限なし+テザリングは実際に存在するのか

基本的には「テザリング」or「7GB制限なし」

前回の記事「≪解説≫7GBの通信速度制限とパケット定額プラン」では、テザリングオプションを選択するのか、7GBの通信速度制限なしを選択するのかの二択ということでお話しました。

しかし聞いてビックリ。

私の妻はテザリングオプションも追加しており、かつ、7GBの通信速度制限なんてものもないという、とんでもない契約になっていました。

Advertisement
Advertisement

 

7GB制限なし+テザリングは実際に存在する

妻に詳しく聞いてみると、特に何か特別な手続きは踏んでいないとのことでした。

妻の勘違いの可能性も考え、お客様サポートにも確認して貰いました。

最初は7GB制限があると言っていたのですが、よく調べてみたらやはり7GB制限がない契約になっているようです。

サポートセンターの方が間違えるほどなので、結構レアなケースなのかもしれませんが、「7GB制限なし+テザリング」が発動する条件は、意外にも珍しくないようでした。

いったいどうやったらそんな契約になってしまうのかを解説します。

 

≪まとめ≫7GB制限なし+テザリングの条件

すばらしい契約をしている人の共通点を整理してみました。

・iPhone5の所有者

・iPhone5が発売されてすぐに購入している

・「4G LTE定額プログラム」適用

・テザリングオプションリリース時もすぐに申し込んでいる

結構該当しそうな条件ですね。

つまり、iPhone5リリース後のソフトバンクは、auのテザリングへの反響を見て後付けでサービスの追加や変更をしてきました。

また、急なサービス提供・変更に伴い、さらに後付けで制約なども追加してきた経緯があります。

そのサービスリリースと制約発動の間には、とても良い条件が発生していたことになります。

要するに、テザリングの制約発動前にテザリングを申し込んだので、「4G LTE定額プログラム」が維持された=7GB制限も発動されない契約になった、ということですね。

LTEが入るご家庭では、完全にルーター化できそうですよね。

最後に!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

携帯・スマホの解約