【解説】スマホBB割を適用できる光回線は「nuro光」

スマホBB割を適用できる光回線、できない回線

スマホBB割を適用できるADSLと言えば「ホワイトBB」が有名ですよね。

しかしホワイトBB以外にもスマホBB割を適用できる回線・プロバイダは存在しますが、「Yahoo!BB 光」では適用されません。

それではどのような条件であれば、光回線で「スマホBB割」を適用させることができるのでしょうか。解説します。

Advertisement
Advertisement

 

スマホBB割を適用できる回線1「ケーブルライン」

ケーブルライン・・・私は聞いたことのないサービスだったのですが、名称の通りケーブルテレビのようなもののようです。

調べてみると、ソフトバンクテレコムというソフトバンク系列の会社です。

ケーブルを使ったインターネット環境の利用者が追加するオプションのようなものですね。

「ホワイトコール24」という、電話とスマホ・携帯電話の通話料を無料にできるサービスを付帯できるため、スマホBB割の適用対象となっているようです。

最近はケーブル回線を利用している人の割合も減りつつある(あえてケーブルに切り替える人も減っている)と思いますので、これ以上は割愛します。

 

スマホBB割を適用できる回線2「ひかりdeトークS」

光回線でスマホBB割を適用したいという方に一番ピンとくるメニューかもしれません。

でもこのサービス「TOKAIケーブルネットワーク」というこちらも私は聞いたことのない会社でして、そもそも対応エリアが東海地区に限られています。

サービスとしてこちらも「ホワイトコール24」が適用できるということで、「スマホBB割」も適用対象ということでしょうか。

私もちょっと期待していたのですが、東海エリアではないのでこちらもパスしました。

 

スマホBB割を適用できる回線3「NURO光でんわ」

個人的に一番謎だったサービスだったのがこの「NURO光でんわ」です。

スマホBB割が適用できるサービスということで初めて知ったのですが、実はSo-netが提供する光回線だったのですね。

最近広告も打たれるようになってきていて「世界最速2Gbps」というキャッチが特に目を引きます。

 

 

また、これだけで一気に安心感が高まりました。

NURO光はSo-netが運営していて世界最速

しかも(当たり前ですが)スマホBB割がしっかりと適用できます。

 

スマホBB割が適用できる光回線=「NURO」と考えてもよい?

条件や提供エリアなどいろいろ考えると、スマホBB割が適用できる光回線=「NURO」と考えてもよいのではないかという結論に達しました。

厳密には「NURO光でんわ」が対象となりますので、「NURO光」+「NURO光電話」に加入し、「ホワイトコール24」を適用させるという準備が必要になります。

(ホワイトコール24が適用できれば、あとはソフトバンクショップでスマホBB割を申し込むだけですね)

 

NURO光について調べてみよう

意外にも候補に急浮上となった「NURO光」ですが、料金についても2年契約にすることで

毎月7,124円→4,743円

と大きく割引がされますし、個別にキャッシュバックキャンペーンなどもやっていたりします。(期間限定)

ホワイトBBもそうでしたが、お得なキャンペーンがあるうちに申し込んでおくべきですね。

まずはキャンペーン内容をチェック!

 

携帯・スマホの解約