【解説】docomoの新料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」とは

docomoの新料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」とは

テレビ等で大々的に広告されているdocomoの新料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」。通話をあまりしない方には酷評ですが、逆にこのカケホーダイ&パケあえるはどのような方に適したプランであるのか、前向きに解説していきたいと思います。

Advertisement
Advertisement

 

カケホーダイ&パケあえるってどんなプラン?

携帯会社がこぞって新料金プランを発表している中で携帯電話会社の老舗ともいえるdocomoもカケホーダイ&パケあえるという新料金プランを発表しました。

こちらの新料金は家族みんなでパケット料を分け合えて、海外や情報ダイヤルなどを省きますが固定電話をしても通話料がかからないというものです。

今までこの「カケホーダイ」のようなプランは他社でありましたが、通話時間回数などに制限があったので、docomoのプランはどこよりも進んでいると言えるでしょう。

今までファミリー間や同じキャリアでは通話料が無料になるサービスはありましたが、家電や他社のキャリアには適用されたことはなかったので画期的かもしれません。

 

家族でシェアして一番お得なプランを見つけよう

docomoの新プランでは6種類の基本プランと7種類のデータプランを自由に組み合わせて、オプションに入ることで家族間で分け合えるものです。

4人家族のうちに一人でもデータプランに加入していれば残りの家族は500円で通信が可能になりデータ容量をシェアする持ち方ができます。

従来のプランの一人ずつが契約するよりも一つにまとめてデータ通信料を分け合えた方が料金的にも安く済みます。

容量も自宅や職場のWi-Fi利用で動画やダウンロードなどするようにすれば十分家族で賄える容量ですので心配はいりません。

データ通信料の多いユーザーにもあまり容量を使わない人でも損をしない仕組みになっています。

 

容量が超えた場合の料金も少し安い料金設定に

もしも容量が超えた場合は通信速度が制限されたり自動的に追加オプションでスピードモードを選ぶことができるようになったカケホーダイ&パケあえるでは今までの1GBあたりの追加料金も安くなりました。

また25歳以下の利用者に対して1人あたり付きで500円の割引と1GBのデータ通信料が加えられるので25歳以下のユーザーが2人いた場合は1000円の割引になるというのも魅力の一つです。

また契約年数が長いほど大きな割引があり、16年を超えたユーザーには2000円近くの割引もあったり今までのプランに比べればメリットがいっぱいです。

 

田舎の固定電話にも料金を気にせずじっくり話せる

今まで携帯電話のしようでの通話は要件だけ伝えてさっさと切っていた状態が友人・知人にも気軽に電話をかけることができて田舎暮らしで離れているおじいちゃん、おばあちゃんにも思い立った時に携帯電話から固定電話に電話が出来るのです。

なくてはならない、生活で最も重要だと言われている携帯電話を賢く利用して日々の暮らしを今まで以上に豊かにしてみてはどうでしょうか。

私が実際に契約してみて1番対応が良かったショップでした

★なんと!どこよりも高いキャッシュバックに挑戦中!とのことですので、ぜひ挑戦させてみてください(笑)

↓「WEBフォーム」で気軽に条件等を確認できました♪♪♪

携帯・スマホの解約