【解約トラブル】インターネット業者が解約させてくれない

最近急増しているインターネット回線業者とのトラブル。

その中でも回線の契約・解約についてのトラブルが目立っています。

ここではJ社における解約トラブルを例に対策を解説していきます。

Advertisement

 

インターネット回線の解約トラブル

解約を考える理由になった要因も人それぞれですが、似たり寄ったりの部分はあるものの、比較してみると他社のほうがよかったということもあるでしょう。

そういった中でよくあるのがインターネット回線の乗り換え、のための解約です。

この解約をスムーズにできればいいのですが、解約を許してくれないインターネット業者はいるものです。

 

J社(J-●●●)における解約トラブルの例

先日、J社における解約トラブルについて投稿があり、いくつかお話を聞くことができました。

こちらの体験談をご紹介させていただきます。

 

解約の受付の間口を狭めて解約防止

J社のインターネット回線の申込の際には電話だったという方も多いと思います。

また、プランの変更といったものも電話できることがほとんどです。

しかしながら、解約だけはなぜか電話ではできないようになっています。

これは解約をさせないための1枚目の障壁です。

 

解約を阻止するために派遣されるスタッフ

J社に解約の話をすると、必ずといっていいほどスタッフが家を訪ねてきます。

解約にあたって、まず家を訪れたスタッフがしつこく食い下がります。

ここで根負けしてしまって、解約を断念してしまう方も居るかと思います。

効果があるからこそ、スタッフが訪ねてまで解約を阻止させるのでしょうね。

これが解約防止策の2枚目の障壁ですね。

 

契約書を持ちだしてまで解約を阻止

後日…という形で先延ばしされてしまったりと、段取りが悪い点も見られるようです。

日が経てば解約する意欲も無くなるだろうという狙いでしょうか。

段取りが悪く、おかしいのではないかと少しでも主張しようものならば…

契約書をもち、その中の小さな文字を指差しながら「こういう契約に同意したのはそっちだ」というような態度を取られた方もいるようで…。

これはやってはいけないと思いますが、解約防止策の3枚目ですね。

 

【まとめ】インターネット業者が解約させてくれない場合の対処法

まずは、何が何でも解約するぞ!という強い意思を持って望んでください。

解約防止策が何重にも迫ってきますので、そこで根負けしないように。

あと、解約にあたって不利な条件(違約金など)をつきつけられた場合は注意してください。

Webなどにかかれているのであればそのページを印刷しておいてください。

とくに注意すべきは口頭での説明。

口頭ではなく書面(一筆でもよい)に残してもらってください。

スタッフもサービスや契約に関する理解が弱いことが多く、有りもしない不利な条件を提示してくることもあります。

最後は、書面を持って不利な条件を再確認し、それに納得できた場合のみ、解約をしてください。

しかし、不利な条件のほとんどが期間限定のものになっています。

たとえば、最低利用期間(2年間)や、回線の工事費の分割払い(36回払い)などです。

その期間がすぎれば、もしくは契約更新月の期間であれば、違約金もゼロとなることがほとんどです。

この点をしっかり確認してみてください。

繰り返しとなりますが、確認だけでなく書面に残してくださいね。

【最後に・・・】初回限定無料、キャンペーン、キャッシュバック情報をまとめた姉妹サイトオープンのお知らせ!

初回限定で無料、1ヶ月間おためし、高額キャッシュバックなど、知らないと損する情報をまとめた姉妹サイト「初回限定キャンペーンナビ」をオープンしました。

思わず友達に教えたくなる情報を発信していきますので、下記のバナーからぜひご覧になっていってください。

初回限定キャンペーン情報なら「キャンペーンナビ」
インターネットの解約