【解約方法】au公式オプション「LTE NET」の退会方法

au「LTE NET」の解約方法

auでLTEパケット通信を利用する場合に必要なサービスですが、ネットも利用しないという方には「LTE NET」も不要となりますのでサービスの解約が必要になります。

それではLTEプランへの変更手順を説明していきたいと思います。

Advertisement
Advertisement

 

「LTE NET」の解約はWebからできない

実はこの「LTE NET」はWebからサービスの解約手続きをすることができません。

auお客様サポートの電話受付より手続きが可能となっています。

 
総合案内

年中無休(9:00~20:00)

音声ガイダンスは24時間利用可能

 

au携帯電話から

局番なし「157」

 

au以外の携帯電話、一般電話から

0077-7-111(無料)

 

(操作キー)

「3」料金プラン・オプション変更

「4」オプション廃止手続

 

「LTE NET」のサービス解約のタイミングについて

なお、LTEフラットをはじめとするサービスは翌月より適用が可能です。

予約のような形で先に手続きをすることができるので、当月いっぱい利用することができます。

しかし、この「LTE NET」は申込時点から30分以内にサービス解約となってしまい、翌月からといった予約のようなものが出来ないので注意が必要です。

 

「LTE NET」の解約で困ること

このサービスを解約すると、auのMMSメール(携帯電話用のメールアドレス)「xxx@ezweb.ne.jp」が使えなくなります。

よくWifi運用をしながら携帯電話用のメールアドレスを利用したいという声を聞きますが、この「LTE NET」を解約してしまうと一切使えなくなります。

 

「LTE NET」のパケ漏れについて

こちらもよくある質問ですが、「LTE NET」を外してしまえば一切パケット料金がかからなくなるのか、という疑問について。

 

[参考] ≪検証≫LTE NET/IS NETが未契約なら通信料はかからないのか(au編)

 

auお客様サポートにも確認をとりましたが、絶対にパケット通信をしないようになるとは言えないとの回答でした。

具体的にはLTE通信によるパケットは使えなくなるのですが、それ以外の通信方法、例えばWiMax通信などができてしまった場合はパケット通信が出来てしまい、料金もとんでもない金額になってしまうとの公式回答をいただきました。

Simカードを差し替えたりすることを含め、様々な環境が存在してしまうので一概には言えないという回答だと思いますが、完全に通信しないようにするためにも「モバイルデータ通信」を「オフ」にしてくださいというアドバイスをいただきました。

悪名高き「IS NET」よりは安心そうですね。

auユーザー限定ですが『家族全員が毎月934円も割引』となるスマバリュ!
実は格安のUQ WiMAXでも発動できちゃうんですよね。
50歳以上の家族なら同居してなくても発動できるらしいです(笑)


auの格安SIMならこちら

携帯・スマホの解約